今に感謝して向上する【努力たいせつ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYの夜景WTCがあったところが光っている LIFE
Photo by Jason McCann on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

9月11日

この日、アメリカではテレビで同時多発テロに関する番組、ニュース、イベントが行われる。

テロや災害、悲しい事件が起こるたびに、今、生きていることに感謝だなという気持ちが湧き出てくる。

スポンサーリンク

今に感謝

悲しい事件や事故、ニュースを見るたびに、私は生きていると感じます。

生きていること自体に感謝。

人に憎まれるようなことをしていなくても、事件や事故に巻き込まれることがある。

たまたま、そこにいただけ。

そこにいただけで、命がなくなる。

そんな悲しいことはない。

うまく言えないが、命があってよかったと思う。

感謝を忘れるとき

普段、生活していると、生きているだけで感謝なんてそう思わない。

毎日の生活に必死で、命のありがたさに気づかないのだ。

生きているのが当たり前だと思っている。

よく、本などにも「今に感謝」って書かれているけど、イマイチ、ピンとこないこともある。

だけど、こうやって、911や311(日本)テロや災害、事件事故を目にすると、生きていることに感謝できるのだ。

起こっては欲しくことだが、そうすることでしか、気づかないこともある。

命に感謝すると憎たらしく思っていた人なんてどうでもよくなる

2~3日前に、なぜかふと、苦手な人を思い出した。

そして、勝手にイライラするのである。

意味のない行動、気持ちなのに、振り払うことができずに、悶々と夜を過ごしていた。

そして、911の番組…。

なんだ、あの憎らしく思っていたことがバカらしくなってきた。

そればかりか、ヤツも生きている、良かったなんて思うからおかしい。

私はそんなことを思う人間だったんだと。

今に感謝したら次は努力だ

命があることに感謝したからといって、今のままではいけない。

向上しないといけないのだ。

あー怖かったね、終わり。じゃぁ、何も変わらない。

私たちは努力して向上しなくちゃいけない。

命を落とした人たちの分まで。

タイトルとURLをコピーしました